他の車両に追いつかれた車両の義務

img1後ろから来る車に追いつかれたら、素直に譲りましょう。

最高速度が高い車両に追いつかれたときは」の意味については、以下のように、車両別に「政令で定める最高速度」が決まっている。
・一般道路の場合:
 原付:30Km/h
 自動二輪:60Km/h
 自動車:60Km/h
・高速道路の場合:
 大型貨物自動車(8トン以上):80Km/h
 中型自動二輪車以上の自動車:100Km/h

 125cc以下の二輪車、軽車両は高速進入禁止

27-oitsukareta1 後ろの車両が追い付いて、追越しを完了するまでは、速度を上げると違反。

27-oitsukareta2 後ろの車両が追い付いて来て、追越しをするときは進路を譲らなければならない。

img2道交法第27条(他の車両に追いつかれた車両の義務)
第1項
「車両(道路運送法第九条第一項 に規定する一般乗合旅客自動車運送事業者による同法第五条第一項第三号 に規定する路線定期運行又は同法第三条第二号 に掲げる特定旅客自動車運送事業の用に供する自動車(以下「乗合自動車」という。)及びトロリーバスを除く。)は、第二十二条第一項の規定に基づく政令で定める最高速度(以下この条において「最高速度」という。)が高い車両に追いつかれたときは、その追いついた車両が当該車両の追越しを終わるまで速度を増してはならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。」
第2項
「車両(乗合自動車及びトロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端。以下この項において同じ。)との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、第十八条第一項の規定にかかわらず、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合において、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。」


img3罰則:
他の車両に追いつかれた車両の義務違反:5万円以下の罰金が科される。 (同法120条1項2号)、


img4反則金等:
(普通車) 6千円で1点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする