左折又は右折

img1交差点での曲がるときは、あらかじめ曲がるほうに寄って走れということ また、原付は2段階右折の場合あり

交差点で右折、左折するときは、あらかじめ道路の右側や左側によって徐行する:
ただし、原付の場合は注意が必要です
原付は、以下の場合、「2段階右折」の必要があるからです。
・標識で指定されている交差点
・交差点直前に3つ以上の車線がある場合

34-usasetsu1 この場合のように、片側3車線の交差点では、「原付」は、2段階右折しなければいけない。
片側2車線以下のときは直接右側から右折してもOK。

img2道交法第34条 左折又は右折
1項
「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。」
2項
「自動車、原動機付自転車又はトロリーバスは、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。」
3項
「軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。」
4項
「自動車、原動機付自転車又はトロリーバスは、一方通行となつている道路において右折するときは、第二項の規定にかかわらず、あらかじめその前からできる限り道路の右側端に寄り、かつ、交差点の中心の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。」
5項
原動機付自転車は、第二項及び前項の規定にかかわらず、道路標識等により交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につき交差点の側端に沿つて通行すべきことが指定されている道路及び道路の左側部分(一方通行となつている道路にあつては、道路)に車両通行帯が三以上設けられているその他の道路(以下この項において「多通行帯道路」という。)において右折するとき(交通整理の行われている交差点において右折する場合に限る。)は、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。ただし、多通行帯道路において、交通整理の行われている交差点における原動機付自転車の右折につきあらかじめ道路の中央又は右側端に寄るべきことが道路標識等により指定されているときは、この限りでない。」
6項
「左折又は右折しようとする車両が、前各項の規定により、それぞれ道路の左側端、中央又は右側端に寄ろうとして手又は方向指示器による合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる場合を除き、当該合図をした車両の進路の変更を妨げてはならない。」

img3罰則: 交差点右左折方法違反、2万円以下の罰金が科される。(同法121条1項5号)
交差点右左折等合図車妨害違反、5万円以下の罰金が科される。(同法120条1項2号)

img4反則金等:
交差点右左折方法違反: 3千(原付) で 1点
交差点右左折等合図車妨害違反: 5千(原付) で 1点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする