道交法第10条 (通行区分)

歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯(次項及び・・・

img2 細字 — 原文
太字 — 解説



第1項
歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯(次項及び次条において「歩道等」という。)と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。ただし、道路の右側端を通行することが危険であるときその他やむを得ないときは、道路の左側端に寄つて通行することができる。
歩行者は、歩道等と車道の区別のない道路では道路の右側端に寄つて通行しなければならない。 しかし、右側が通行できない時などは左側に寄つて通行してもよい。

第2項
歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては、次の各号に掲げる場合を除き、歩道等を通行しなければならない。
一 車道を横断するとき。
二 道路工事等のため歩道等を通行することができないとき、その他やむを得ないとき。
歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路では道路を通らなければならない。 しかし、車道を横断する時や、歩道等が通行できない時は歩道以外を通行してもよい。

第3項
前項の規定により歩道を通行する歩行者は、第六十三条の四第二項に規定する普通自転車通行指定部分があるときは、当該普通自転車通行指定部分をできるだけ避けて通行するように努めなければならない。
歩行者は、自転車通行部分は出来るだけ通らない。



img3 罰則:


img4反則金等:



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする