道交法第11条 (行列等の通行)

学生生徒の隊列、葬列その他の行列(以下「行列」という。)及び歩・・・

img2 細字 — 原文
太字 — 解説



第1項
学生生徒の隊列、葬列その他の行列(以下「行列」という。)及び歩行者の通行を妨げるおそれのある者で、政令で定めるものは、前条第二項の規定にかかわらず、歩道等と車道の区別のある道路においては、車道をその右側端(自転車道が設けられている車道にあつては、自転車道以外の部分の右側端。次項において同じ。)に寄つて通行しなければならない。
行列は、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。

第2項
前項の政令で定める行列以外の行列は、前条第二項の規定にかかわらず、歩道等と車道の区別のある道路において、車道を通行することができる。この場合においては、車道の右側端に寄つて通行しなければならない。
行列以外の行列は、車道の右側端に寄つて通行することができる。

第3項
警察官は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るため必要があると認めるときは、第一項の行列の指揮者に対し、区間を定めて当該行列が道路又は車道の左側端(自転車道が設けられている車道にあつては、自転車道以外の部分の左側端)に寄つて通行すべきことを命ずることができる。
警察官は、交通の安全と円滑を図るため、行列の指揮者に対し区間を定めて、道路又は車道の左側端の通行を命ずることができる。



img3 罰則:
(罰則 第一項については第百二十一条第一項第二号 第二項及び第三項については第百二十一条第一項第三号)

第百二十一条第一項第一号の二とは:
警察署長が付した条件に違反した者。

第百二十一条第一項第三とは:
警察官の命令に従わなかつた行列の指揮者

第百二十一条第一項第一号とは:
二万円以下の罰金又は科料に処する


img4反則金等:

2万円以下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする