道交法第13条 (横断の禁止の場所)

歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない・・・

img2 細字 — 原文
太字 — 解説



第1項
歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。
ただし、横断歩道によつて道路を横断するとき、又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従つて道路を横断するときは、この限りでない。
歩行者は、クルマなどの前後では道路を横断してはいけない。

第2項
歩行者は、道路標識等によりその横断が禁止されている道路の部分においては、道路を横断してはならない。
歩行者は、横断が禁止されている場所では、道路を横断してはいけない。



第13条の2(歩行者用道路等の特例)
第1項
歩行者用道路又はその構造上車両等が入ることができないこととなつている道路を通行する歩行者については、第十条から前条までの規定は、適用しない。
歩行者用道路やクルマなどが入れない道路での歩行者については
道交法第10条から13条の規定は無効



img3 罰則:
img4反則金等:



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする