( ! ) Fatal error: Call to undefined function robot_ua() in /virtual/ti3/public_html/access3.catalogj.com/php-bin/log_stat.php on line 127
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.00112503608{main}( ).../log_stat.php:0
道交法第14条 (目が見えない者、幼児、高齢者等の保護)

道交法第14条 (目が見えない者、幼児、高齢者等の保護)

目が見えない者(目が見えない者に準ずる者を含む。以下同じ。)は、道・・・

img2 細字 — 原文
太字 — 解説



第1項
目が見えない者(目が見えない者に準ずる者を含む。以下同じ。)は、道路を通行するときは、政令で定めるつえを携え、又は政令で定める盲導犬を連れていなければならない。
目が見えない者は、道路を通行するときは、白い杖や、盲導犬を連れて歩いてください。

第2項
目が見えない者以外の者(耳が聞こえない者及び政令で定める程度の身体の障害のある者を除く。)は、政令で定めるつえを携え、又は政令で定める用具を付けた犬を連れて道路を通行してはならない。
健常者は、白い杖や盲導犬などを連れて通行してはいけない。

第3項
児童(六歳以上十三歳未満の者をいう。以下同じ。)若しくは幼児(六歳未満の者をいう。以下同じ。)を保護する責任のある者は、交通のひんぱんな道路又は踏切若しくはその附近の道路において、児童若しくは幼児に遊戯をさせ、又は自ら若しくはこれに代わる監護者が付き添わないで幼児を歩行させてはならない。
幼児、児童は、交通のひんぱんな道路又は踏切付近などでは、保護者は常に付き添ってなければいけない。

第4項
児童又は幼児が小学校、幼稚園、幼保連携型認定こども園その他の教育又は保育のための施設に通うため道路を通行している場合において、誘導、合図その他適当な措置をとることが必要と認められる場所については、警察官等その他その場所に居合わせた者は、これらの措置をとることにより、児童又は幼児が安全に道路を通行することができるように努めなければならない。
児童又は幼児が教育施設に通うとき、誘導、合図が必要な場所では、
警察官や、その場所にいる者は、児童又は幼児が安全に道路を通行できるように努めること


第5項
高齢の歩行者、身体の障害のある歩行者その他の歩行者でその通行に支障のあるものが道路を横断し、又は横断しようとしている場合において、当該歩行者から申出があつたときその他必要があると認められるときは、警察官等その他その場所に居合わせた者は、誘導、合図その他適当な措置をとることにより、当該歩行者が安全に道路を横断することができるように努めなければならない。
高齢、身体障害の歩行者が道路を横断又は横断しようとするときは
警察官や、その場所にいる者は、彼らが安全に道路を通行できるように努めること。


img3 罰則:
img4反則金等:



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする