道交法第18条 (左側寄り通行等)

車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説

第1項
「車両は(*1)、
クルマ、バイク、自転車などは

車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、
片側2車線以上の道路ではない時、つまり片側1車線やセンターラインが無い道路、一方通行の道路では

自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、
クルマ、バイク、は道路の左側に寄つて

軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、
自転車などは道路の左側端に寄つて

それぞれ当該道路を通行しなければならない。
通行すること

ただし、追越しをするとき、第25条第2項若しくは第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき
ただし、追い越し、道路外のパーキングなど、右左折などで道路の中央若しくは右側端に寄るとき

又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。」
又は停車中のクルマや、工事などの障害物がある時は、左側に寄らなくて良い\

第2項
「車両は(*1)、
クルマ、バイク、自転車などは

前項の規定により歩道と車道の区別のない道路を通行する場合その他の場合において、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。」
歩道と車道の区別がないような道路で歩行者のわきを通行するときは、少し離れたり、徐行しなければならない。


(*1)トロリーバスを除く


img3罰則:
左側寄り通行等違反については、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科される。(第2項のみ)(同法119条1項2号の2)、


img4反則金等:
なし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする