道交法第20条 (車両通行帯)

車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説


道交法第20条 (車両通行帯)
第1項
「車両は、
クルマ、バイク、自転車などは

車両通行帯の設けられた道路においては、
道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。

車線で区切られている道路では
左側の車線を通行すること


ただし、自動車(*1)は、
当該道路の左側部分(*2)に3以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。」
ただし、一般のクルマは
一番右の車線以外は走行してもよい

第2項
「車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により前項に規定する通行の区分と異なる通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い、当該車両通行帯を通行しなければならない。」
道路標識があるときはそれに従ってください

第3項
「車両は、
クルマ、バイク、自転車などは
追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項
若しくは第34条第1項から第5項まで
の規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、
追越しをするときや、右折、左折のために徐行しながら道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき

第35条第1項の規定に従い通行するとき、
第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、
交差点近くの通行帯が車線変更禁止の通行帯などをそのまま通行するとき

第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、
緊急自動車の優先により一時進路を譲るとき

又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前二項の規定によらないことができる。
その他やむを得ない時は前2項の道路標識を守らなくてよい



この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。」

このような状況で追い越しするときはすぐ右側の車線を通行すること

(*1)小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く
(*2)当該道路が一方通行となつているときは、当該道路


img3罰則:
通行帯違反については、5万円以下の罰金が科される。 (同法120条1項3号および同条2項)、


img4反則金等:
6千(普通車) で 1点


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする