道交法第21条 (軌道敷内の通行)

車両(トロリーバスを除く。以下この条及び次条第一項において同じ。)は、左折し、右折し、横断し、若しくは転回する・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説

第1項
車両(トロリーバスを除く。以下この条及び次条第一項において同じ。)は、
左折し、右折し、横断し、若しくは転回するため軌道敷を横切る場合又は危険防止のためやむを得ない場合を除き、
軌道敷内を通行してはならない。

クルマ、バイク、自転車などは
右左折など進路を変える場合を除いて、軌道敷内を通行できない


*軌道敷内とは:道路上にある路面電車などが走る線路の部分

第2項
車両は、次の各号に掲げる場合においては、前項の規定にかかわらず、 軌道敷内を通行することができる。
この場合において、車両は、路面電車の通行を妨げてはならない。

一 当該道路の左側部分から軌道敷を除いた部分の幅員が当該車両の通行のため十分なものでないとき。
二 当該車両が、道路の損壊、道路工事その他の障害のため当該道路の左側部分から軌道敷を除いた部分を通行することができないとき。
三 道路標識等により軌道敷内を通行することができることとされている自動車が通行するとき。

車両は、以下の場合は、軌道敷内を通行できる
1・道路が狭く軌道敷内を通行せざるをえないとき
2・工事や障害物で道路が狭くなっているとき
3・道路標識等により軌道敷内を通行出来るとき

軌道敷内通行可

第3項
軌道敷内を通行する車両は、後方から路面電車が接近してきたときは、当該路面電車の正常な運行に支障を及ぼさないように、すみやかに軌道敷外に出るか、又は当該路面電車から必要な距離を保つようにしなければならない。
(罰則 第百二十一条第一項第五号)

軌道敷内を通行する時は、路面電車の通行を妨げないこと



img3罰則:
違反については、2万円以下の罰金または科料が科される。(同法121条1項5号)


img4反則金等:
なし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする