( ! ) Fatal error: Call to undefined function robot_ua() in /virtual/ti3/public_html/access3.catalogj.com/php-bin/log_stat.php on line 127
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.00162503648{main}( ).../log_stat.php:0
道交法第22条の2 (最高速度違反行為に係る車両の使用者に対する指示)

道交法第22条の2 (最高速度違反行為に係る車両の使用者に対する指示)

車両の運転者が前条の規定に違反する行為(以下この条及び第七十五条の二第一項において「最高速・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説


第1項
「車両の、
クルマ、バイク、自転車などの

運転者が前条の規定に違反する行為(以下この条及び第七十五条の二第一項において「最高速度違反行為」という。)を当該車両の使用者(当該車両の運転者であるものを除く。以下この条において同じ。)の業務に関してした場合において、当該最高速度違反行為に係る車両の使用者が当該車両につき最高速度違反行為を防止するため必要な運行の管理を行つていると認められないときは、
当該車両の使用の本拠の位置を管轄する公安委員会は、当該車両の使用者に対し、最高速度違反行為となる運転が行われることのないよう運転者に指導し又は助言することその他最高速度違反行為を防止するため必要な措置をとることを指示することができる

運転者が業務で22条(最高速度)に違反をした場合
車両の使用者が適切な運行の管理をしていない場合は
管轄する公安委員会は使用者に対し違反運転しないよう指示できる


第2項
前項の規定による指示に係る車両の使用者が道路運送法の規定による自動車運送事業者、貨物利用運送事業法(平成元年法律第八十二号)の規定による第二種貨物利用運送事業を経営する者又は軌道法の規定による軌道経営者(トロリーバスを運行するものに限る。)である場合における当該指示は、公安委員会が当該事業を監督する行政庁とあらかじめ協議して定めたところによつてしなければならない
車両の使用者が自動車運送事業者、第二種貨物利用運送事業を経営する者である場合
当該指示は、公安委員会が行政庁とあらかじめ協議して定めること。

img3罰則:


img4反則金等:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする