道交法第25条2 (横断等の禁止)

車両は、歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設若しくは場所に・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説


第1項
「車両は、
クルマ、バイク、自転車などは

歩行者又は他の車両等の
歩行者やクルマ、バイク、自転車などの

正常な交通を妨害するおそれがあるときは、
通行の邪魔になる時は

道路外の施設若しくは場所に出入するための左折若しくは右折をし、横断し、転回し、又は後退してはならない。」

歩道や、路肩、反対車線などを横切ったり、Uターンやバックをしないこと。


(メモ)

つまり、人や車などの流れが切れた時に通りなさいということでしょう。

(例)
では、片側1車線で右側の駐車場に入るため右折待ちをして対向車線の流れがなかなか途切れない時に、後ろに渋滞ができた時は?

これも、たぶん対象になると思います。
どこかで反対車線の流れに乗って、左折して入る方が安全です



第2項
「車両は、
クルマ、バイク、自転車などは

道路標識等により横断、転回又は後退が禁止されている道路の部分においては、 当該禁止された行為をしてはならない。」

道路標識がある場所では、それに従いなさい。







img3 罰則:
第1項については、1.5万円以下の罰金又は科料に処する(同法119条1項2号2)
第2項については、8千円以下の罰金に処する(同法120条1項4号)。

交通違反の点数一覧表
反則金一覧表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする