道交法第26条2 (進路の変更の禁止)

車両は、みだりにその進路を変更してはならない・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説


道交法第26条2 (進路の変更の禁止)
第1項
「車両は、
クルマ、バイク、自転車などは

みだりにその進路を変更してはならない。」
不必要に進路を変えてはいけない

第2項
「車両は、
クルマ、バイク、自転車などは

進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。」
後ろを走る車両に急ブレーキなどの影響を与える場合は、進路変更してはいけない

第3項
「車両は、
クルマ、バイク、自転車などは

車両通行帯を通行している場合において、 その車両通行帯が当該車両通行帯を通行している車両の進路の変更の禁止を表示する道路標示によつて区画されているときは、
次に掲げる場合を除き、その道路標示をこえて進路を変更してはならない。
進路変更禁止の車線を走っているときは、
以下の条件の場合以外は、進路変更してはいけない


 第40条の規定により道路の左側若しくは右側に寄るとき、
緊急自動車が来た時

又は道路の損壊、道路工事その他の障害のためその通行している車両通行帯を通行することができないとき。
その車線が通行できない状態にある時

 第40条の規定に従うため、又は道路の損壊、道路工事その他の障害のため、通行することができなかつた車両通行帯を通行の区分に関する規定に従つて通行しようとするとき。」

元の車線に戻る時?


進路変更と車線変更の違いは?
道交法には、はっきりした規定が書かれていない。
どうやら、進路変更とは、同じ車線を通行中でも例えばタクシーが客を拾うため車線内で左に寄ったり、出発するときに右に向いて発信したりすり時なども進路変更とみなされるようだ。
車両通行帯を通行することができないときの解釈は?
進路変更禁止の車線を走っているときは進路変更できないが、進路変更禁止区間内に障害物があるとき、
例えば、以下のように故障者が車線をふさいでいるときは、 進路変更してもOKとなっている


この場合は、すでに進路変更禁止区間を走行中なので障害物をよけるために進路変更が許される


では、以下のように進路変更禁止直前に故障車がある場合を考えてみると
まだ進路変更禁止区間に入っていないため一旦車線を変えてから、元の車線に戻ったとしよう、



この場合は、障害物を避ける前に進路変更禁止区間を走行していないため、第3項に該当しないことになる、
すると交差点で左折出来ないことになる。
これはどう考えても不都合でならない、
この解釈は間違っているのだろうか?



img3罰則:
進路変更禁止違反(2項、3項)については、5万円以下の罰金が科される。
進路変更禁止違反(1項)については、罰金が無い。
(同法120条1項2号および同条1項3号、同条2項)、


img4反則金等:
(普通車) 6千円で1点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする