道交法第28条 (追越しの方法)

「車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両の右側を通行しな・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説


道交法第28条(追越しの方法)
第1項
「車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(*1)の右側を通行しなければならない。」
クルマ、バイク、自転車などは、追い越しするときは右側を通ること



第2項
「車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が第25条第二項又は第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。」
クルマ、バイク、自転車などが、追い越しするとき、前の車が右折しようとしている場合は、その車両の左側を通ること


車両は、道路外に出るため左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り・・・

「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側・・・


第3項
「車両は、路面電車を追い越そうとするときは、当該車両が追いついた路面電車の左側を通行しなければならない。ただし、軌道が道路の左側端に寄つて設けられているときは、この限りでない。」

第4項
「前3項の場合においては、追越しをしようとする車両(*2)は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。」

第5項

(*1)以下この節において「前車」という
(*2)次条において「後車」という


img3罰則:
追越しの方法の規定の違反、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科される。(同法119条1項2号の2)


img4反則金等:
追越し違反: 9千(普通車) で 2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする