道交法第31条の2 (乗合自動車の発進の保護)

停留所において乗客の乗降のため停車していた乗合自動車が発進するため進路を変更しよ、・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説


第1項
停留所において乗客の乗降のため停車していた乗合自動車が発進するため進路を変更しようとして手又は方向指示器により合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる場合を除き、当該合図をした乗合自動車の進路の変更を妨げてはならない。

バスが走りだそうとして、方向指示器や手信号を出した時は、後ろの車両は道を譲らなくてはいけない





img3 罰則:
第百二十条第一項第二号
5万円以下の罰金


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする