道交法第35条 (指定通行区分)

車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されてい・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説


道交法第35条 指定通行区分
第1項
「車両(*1)は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、前条第1項、第2項及び第4項の規定にかかわらず、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。ただし、第40条の規定に従うため、又は道路の損壊、道路工事その他の障害のためやむを得ないときは、この限りでない。」
クルマ、バイクなどは通行帯のある道路で、通行指定表示がある場合は、それに従うこと、ただし緊急自動車(第40条)を優先させるときは、従わなくてよい



「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側・・・


第2項
「前条第6項の規定は、車両が前項の通行の区分に従い通行するため進路を変更しようとして手又は方向指示器による合図をした場合について準用する。」

(*1)軽車両及び右折につき原動機付自転車が前条第5項本文の規定によることとされる交差点において左折又は右折をする原動機付自転車を除く

img3罰則: 5万円以下の罰金が科される。(同法120条1項3号2、同法120条1項2号)

img4反則金等:
指定通行区分違反: 6千(普通車) で 1点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする