道交法第36条 (交差点における他の車両等との関係等)

車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に・・・


img2 細字 — 原文
太字 — 解説


道交法第36条 交差点における他の車両等との関係等
第1項
「車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。」
一  車両である場合 その通行している道路と交差する道路(*1)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車
二  路面電車である場合 交差道路を左方から進行してくる路面電車
クルマ、バイク、自転車などは信号機などが無い交差点では基本的に左からくる車両が優先です




第2項
「車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、その通行している道路が優先道路(*2)である場合を除き、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、当該交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。」
クルマ、バイク、自転車などは信号機などが無い交差点では交差する道路が、優先道路の標識がある時や、明らかに広い場合は、交差する道路の車両が優先です


第3項
「車両等(*3)は、交通整理の行なわれていない交差点に入ろうとする場合において、交差道路が優先道路であるとき、又はその通行している道路の幅員よりも交差道路の幅員が明らかに広いものであるときは、徐行しなければならない。」
クルマ、バイク、自転車などは交差する道路が優先道路で信号機などが無い場合は、その前で徐行すること




第4項
「車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。」

クルマ、バイク、自転車などは、交差点の手前や交差点内では安全に十分気を付けて通行すること


(*1)以下「交差道路」という
(*2)道路標識等により優先道路として指定されているもの及び当該交差点において当該道路における車両の通行を規制する道路標識等による中央線又は車両通行帯が設けられている道路をいう。以下同じ
(*3)優先道路を通行している車両等を除く


img3罰則: 第36条1項、第37条
5万円以下の罰金が科される。(同法120条1項2号)
第36条2項~4項
3月以内の懲役又は5万円以下の罰金が科される。(同法119条1項2号2)

img4反則金等:
交差点優先車妨害違反: 6千(普通車) で 1点
交差点安全進行義務違反: 9千(普通車) で 2点
交差点右左折等合図車妨害違反: 6千(普通車) で 1点
交差点右左折方法違反: 4千(普通車) で 1点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする