道交法第4条 (公安委員会の交通規制)

都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)は、道路における危険を防止し、その他交・・・

img2 細字 — 原文
太字 — 解説



第1項
都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、又は交通公害その他の道路の交通に起因する障害を防止するため必要があると認めるときは、政令で定めるところにより、信号機又は道路標識等を設置し、及び管理して、交通整理、歩行者又は車両等の通行の禁止その他の道路における交通の規制をすることができる。
公安委員会は道路の危険や障害の防止が必要と認めた時は、信号機や標識を設置、管理することができる

この場合において、緊急を要するため道路標識等を設置するいとまがないとき、その他道路標識等による交通の規制をすることが困難であると認めるときは、公安委員会は、その管理に属する都道府県警察の警察官の現場における指示により、道路標識等の設置及び管理による交通の規制に相当する交通の規制をすることができる。
緊急に交通を規制する必要があるときは警察官による現場での指示が出来る


第2項
前項の規定による交通の規制は、区域、道路の区間又は場所を定めて行なう。この場合において、その規制は、対象を限定し、又は適用される日若しくは時間を限定して行なうことができる。


第3項
公安委員会は、環状交差点(車両の通行の用に供する部分が環状の交差点であつて、道路標識等により車両が当該部分を右回りに通行すべきことが指定されているものをいう。以下同じ。)以外の交通の頻繁な交差点その他交通の危険を防止するために必要と認められる場所には、信号機を設置するように努めなければならない。
公安委員会は交通が危険と認められた場所には信号機を設置しなければいけない

第4項
信号機の表示する信号の意味その他信号機について必要な事項は、政令で定める。


第5項
道路標識等の種類、様式、設置場所その他道路標識等について必要な事項は、内閣府令・国土交通省令で定める。





img3 罰則:
第一項後段については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号(警察署長等への委任)

第百十九条第一項第一号
信号機、道路標識に従わなかつた車両等の運転者

第百二十一条第一項第一号
信号機、道路標識に従わなかつた歩行者

img4反則金等:

運転者: 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下で 2点
歩行者: 2万円以下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする