道交法第47条(停車又は駐車の方法)

img2道交法第47条(停車又は駐車の方法)
第1項
「車両は、人の乗降又は貨物の積卸しのため停車するときは、できる限り道路の左側端に沿い、かつ、他の交通の妨害とならないようにしなければならない。」
第2項「車両は、駐車するときは、道路の左側端に沿い、かつ、他の交通の妨害とならないようにしなければならない。」
第3項
「車両は、車道の左側端に接して路側帯(*1)が設けられている場所において、停車し、又は駐車するときは、前二項の規定にかかわらず、政令で定めるところにより、当該路側帯に入り、かつ、他の交通の妨害とならないようにしなければならない。」

(*1)当該路側帯における停車及び駐車を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたもの及び政令で定めるものを除く



img3罰則:
第1項、第3項については10万円以下の罰金が科される。(同法119条3項1号の4)、
第2項については15万円以下の罰金が科される。(同法119条2項1号の2)、


img4反則金等:
10~18万(普通車)で2点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 岡村 護 より:

    次の放置駐車、何の違反で執るのでしょうか?
    左右駐車禁止標識のある、道幅が広い車道で、左右路側帯のない、該当車両が、進行方向に対して、逆向きに駐車している場合、下記のどちらが正のでしょうか?教えてください。
    1)この場合、車両が逆向きでも駐車禁止標識があるので、指定の45条適用
    2)いやいや違う、たとえ標識があっても、車両が逆向きであれば、「左側端に沿わない、右側駐車」違反
    3)右側駐車は、該当車両方向に標識が無い場合、「左側端に沿わない、右側駐車」適用
    どれが、該当するか?よろしくお願いいたします。