道交法第8条 (通行の禁止等)

歩行者又は車両等は、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はそ・・・

img2 細字 — 原文
太字 — 解説



第1項
歩行者又は車両等は、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行してはならない。
歩行者や、自転車、自動車などは、通行禁止の場所は通らないこと

第2項
車両は、警察署長が政令で定めるやむを得ない理由があると認めて許可をしたときは、前項の規定にかかわらず、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行することができる。
警察署長が許可をしたときは、通行を禁止されている部分を通ることができる

第3項
警察署長は、前項の許可をしたときは、許可証を交付しなければならない。
その時、警察署長は、許可証を発行しなければならない

第4項
前項の規定により許可証の交付を受けた車両の運転者は、当該許可に係る通行中、当該許可証を携帯していなければならない
許可証を受けた運転者は、警察署長は、通行時は許可証を携帯しなければならない

第5項
第二項の許可を与える場合において、必要があると認めるときは、警察署長は、当該許可に条件を付することができる。
許可を与える場合、警察署長は、条件を付けることができる

第6項
第三項の許可証の様式その他第二項の許可について必要な事項は、内閣府令で定める。
許可証の項目等は、内閣府令で決まっている




img3 罰則:
第一項については第百十九条第一項第一号の二、同条第二項、第百二十一条第一項第一号 第五項については第百二十一条第一項第一号の二)

第百十九条第一項第一号の二とは:
信号機の信号等や通行の禁止、通行の義務等、に違反した車両等の運転者

同条第二項とは:
過失により前項の罪を犯した者は、十万円以下の罰金に処する。

第百二十一条第一項第一号とは:
警察官の現場における指示等、に違反した歩行者

第百二十一条第一項第一号の二とは:
警察署長が付した条件に違反した者。

第百二十一条第一項第一号とは:
二万円以下の罰金又は科料に処する


img4反則金等:

10万円以下又は、2万円以下


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする