道交法第9条 (歩行者用道路を通行する車両の義務)

車両は、歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されて・・・

img2 細字 — 原文
太字 — 解説



第1項
車両は、歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されていることが道路標識等により表示されている道路(第十三条の二において「歩行者用道路」という。)を、
前条第二項の許可を受け、又はその禁止の対象から除外されていることにより通行するときは、
特に歩行者に注意して徐行しなければならない。


車両の通行が禁止されている道路を、許可を受け通行するときは歩行者に注意して徐行すること。



img3 罰則:
第百十九条第一項第一号の二、同条第二項


第百十九条第一項第一号の二とは:
信号機の信号等や通行の禁止、通行の義務等、に違反した車両等の運転者

同条第二項とは:
三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する


img4反則金等:

5万円以下


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする