覚えておきたい交通マナー

img1実際に道路に出て運転を始めると、教習所と違った状況が出てきますので、現実に即したマナーを覚えておきましょう

ライトをつける場面
・雨が激しく降っていて、前の車両が見にくいとき。
・夕方は早めに点灯しましょう。
 ライトをつけることで、自分の車を確認してもらう意味もある。


停滞中の合流
・車線が規制されているときや、高速道路の進入で合流するときは、
1台ずつ交互に入るようにします、合流後はハザードでお礼を忘れないようにしよう。


高速道路の停滞
・高速道路で停滞に入り込むときはハザードをつけて、後続の車両が気が付くようにします。

対向車がパッシングをしたら
対向車線から走ってくる車がライトでパッシングしてきたときは、以下のことが考えれれる。
・ライトが上向きになっているとき
・この先で取り締まりが実施されている場合


タクシーに注意しよう
・タクシーは客を探しながら走っているので、急に進路変更したり、停車することがあるので、車間距離をあけておきましょう。


高級外車の後ろを走らない
・高級外車と事故を起こすと、賠償額が高額になります、また、怖い人が乗ってることもあります。

雪道は上り優先
・雪道の登り坂は、一度停止するとスリップして登れなくなる場合があるので、上りの車が優先です。

交差点や、わき道はスペースをあける
・交差点や、T字路、出入口などで停車するときは、クルマの出入りをふさがないようにスペースをあけて止まるようにしよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする