道路の定義

note道路は3パターンあるので覚えておこう。

road1

道路のパターンはこんな感じ
片側6m以上ある道路は中央線が「白い実線
片側6m未満の道路は中央線が「黄色い実線」または「白い波線

はみ出して追越しできるのは中央線が「白い波線」だけ

ちなみに、「路側帯」は軽車両以外は通行禁止
道路 道路交通法 第2条1項
「道路法 第二条第一項 に規定する道路、道路運送法 第二条第八項 に規定する自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所をいう。」
歩道 道路交通法 第2条2項
「歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された道路の部分をいう。」
車道 道路交通法 第2条3項
「車両の通行の用に供するため縁石線若しくはさくその他これに類する工作物又は道路標示によつて区画された道路の部分をいう。」
・本線車道 道路交通法 第2条3項の2
「高速自動車国道、又は自動車専用道路の本線車線により構成する車道をいう。」
・自転車道 道路交通法 第2条3項の3
「自転車道 自転車の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された車道の部分をいう。」
・路側帯 道路交通法 第2条3項の4
「歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。」
横断歩道 道路交通法 第2条4項
「道路標識又は道路標示(以下「道路標識等」という。)により歩行者の横断の用に供するための場所であることが示されている道路の部分をいう。」
・自転車横断帯 道路交通法 第2条4項の2
「道路標識等により自転車の横断の用に供するための場所であることが示されている道路の部分をいう。」
交差点 道路交通法 第2条5項
「十字路、丁字路その他二以上の道路が交わる場合における当該二以上の道路(歩道と車道の区別のある道路においては、車道)の交わる部分をいう。」
安全地帯 道路交通法 第2条6項
「路面電車に乗降する者若しくは横断している歩行者の安全を図るため道路に設けられた島状の施設又は道路標識及び道路標示により安全地帯であることが示されている道路の部分をいう。」
車両通行帯 道路交通法 第2条7項
「車両が道路の定められた部分を通行すべきことが道路標示により示されている場合における当該道路標示により示されている道路の部分をいう。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする